FC2ブログ


愛され手帳ができるかな 2 有國洋一郎 

恵方巻きを東北東に向かって、ほうばっている最中に、日本ビジネスプランより電話が掛かってきましたよ。

IXバーチカル・ 
IXバーチカル


「もしもし、もしもし、日本ビジネスプランです」

「わぁ、どうもご無沙汰しております」

「さっきまで会議をしておりましてね、IXバーチカル手帳、2010年版も発売する事が決まりました」

「わぁ、それは良かったです・・・・・・え?・・・まだ決まっていなかったんですか!?」

「いや・・・まぁ、少し中身を変えようかな、と云う事になりましてね」

「バーチカルを?」

「いや、商品名が“IXバーチカル”ですから、割付は変えないんですが」
「書体をちょっと変えようかな・・・と」

「わぁ、どんな書体にですか?」

「えぇ、まぁ日本ではあまり見かけない書体に・・」

「日本では見かけない書体に?」

ヨーロッパのような・・」

「ヨーロッパのような?」

少しカクカクした・・・」

「少しカクカクした?」

「・・・・・・・・」

「・・・・決まっていないんですね?」

「これから検討するんです」

IXバーチカルB6 
IXバーチカルB6


「それから、用紙も替えようかと」

「用紙を?」

「2009年版の用紙が少し厚かったんです、B6版の方はもう重いって意見もありまして」

「ちょっと色も白過ぎました?」

「そう、ちょっと白過ぎたんです、もう少し、やっぱりクリーム色が良いかなと、用紙を薄くすると、裏抜けの事もあるので、もう一度探してみるつもりです」

「今日のところは、そんな感じです」

「わぁ」

有國洋一郎
元・書店販売員。文房具 手帳売り場を担当する。 
販売員なのに何故か、営業マンより企画マンばかり集まってくる。
スポンサーサイト